ジョイントパーツを使った夏使用のアクセサリー(ピアス、イヤリング)の作り方

ジョイントパーツを使った夏使用のアクセサリー(ピアス、イヤリング)の作り方

今回はジョイントパーツ(シャンデリアパーツ)を使って、夏にピッタリのピアスをご紹介いたします。

シャンデリアのように垂れ下がって、ゆらゆら揺れるピアス、イヤリングを作ります。

繋げるだけで初心者の方にも、難しい作業なくお作りいただけて、少し凝ったデザインに見えると思います。

シャンデリアパーツはこちらです。

一連の連結パーツですが、二連のものもございます。

今回は一連のシャンデリアパーツを使いたいと思います。


ジョイントパーツを使ったピアス、イヤリングの作り方材料

材料
・シェルパーツ(ブルー)大 2枚
・シェルパーツ(ブラック)中 2枚
・シェルパーツ(ホワイト)小 2枚
・シャンデリアパーツ ゴールド 一連 2つ
・ラウンドパーツ ゴールド 2つ
・ウェーブチャーム 2つ
・丸カン 3mm 2個
・丸カン 4mm 10個
・ピアスフック(イヤリング金具)

今回のパーツは夏仕様のパーツで作っています。


使用工具

  • 平やっとこ 2つ
  • 2つない場合は1つは丸やっとこでもOK


シェルパーツを使ったピアス、イヤリングの作り方

一番大きいシェルパーツ(ホワイト)の穴に4mmの丸カンを通します。

まだ丸カンは閉じないでください。


ジョイントパーツ(シャンデリアパーツ)の2つに分かれている一つを、先程ホワイトシェルを通した同じ丸カンに通します。


通せましたら丸カンを閉じます。

丸カンの扱い方、使い方がわからないという方はこちらの記事を参考にしてください。

ハンドメイドアクセサリーに必須のパーツ!丸カンって何?使い方は?



ホワイトシェルパーツと同じようにブルーのシェルパーツに丸カン4mmを通します。

まだ丸カンは閉じないでください。


 

同じ丸カンにゴールドのウェーブパーツを通します。


 

そのままラウンドパーツも通します。

一つの丸カンにブルーシェルパーツ、ウェーブパーツ、ラウンドパーツが入っている状態で丸カンを閉じます。


4mmの丸カンを広げ、3mmの丸カンの穴に通します。


 

繋げた丸カンの4mmに先程のシェルパーツ等を繋げた丸カンを繋げます。


 

一番上から3mm丸カン、4mm丸カン、シェルパーツの順番になります。


 

一番最初に繋げたジョイントパーツの二股の反対側に3mmの丸カンを繋げて置いておきます。

4mmの丸カンにブラックシェルパーツを通します。

丸カンはまだ開けておきます。


ホワイトシェルとブルーシェルを繋げているジョイントパーツ(シャンデリアパーツ)の余っている穴に丸カンを通して締めます。


裏から見ると下図のようになります。


ブラックシェルパーツを繋げている4mmの丸カンに3mmの丸カンを通します。

通した3mmの丸カンにピアスフック(イヤリングの方はイヤリング金具)を通し、丸カンを閉じます。


もう一つ同じように作って出来上がりです。


シェルピアスの完成、着画

完成しました。

着画です。

まとめ

ジョイントパーツ(シャンデリアパーツ)を使った簡単なピアスの作り方はいかがでしたでしょうか。

9ピンや、Tピンをカットしたり、丸めたりする作業もないので、初心者の方でも簡単にできます。

取り付けるシェルパーツの色を変えたり、素材を変えたりするとまた違った印象のアクセサリーになります。

よろしければお作りください。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA