ハンドメイドを始める時必要最低限そろえる材料【ピアス・イヤリング】

ハンドメイドを始める時必要最低限そろえる材料【ピアス・イヤリング】

私がハンドメイドを1から始める時、まず何をどれだけ買えばいいのかわかりませんでした。

とりあえずこれだけ揃えればいいですよ~!というものをお伝えしたいと思います。

私のように決められた費用しかない方に参考になればと思います。

ハンドメイドに必ず必要な工具

絶対必要な工具です。
今は100均でも売っていますので、まず練習用としてお安くそろえることができます。

ニッパー

ニッパーというと男の人が使うイメージがあったのですが、Tピンや、9ピンをカットするのに使います。

画像は私がハンドメイドを始めた頃から使っているものなので、さびてますね 笑

新しく購入しようと思います。

平やっとこ

丸カンを広げたり閉じたりする時に、使う道具です。
丸カンを左右挟んで掴むのに2つあれば便利ですが一つあればOKです。

ヒートンを挟んで回すときにも使います。

丸やっとこ

Tピン、9ピン、ワイヤーをクルッと丸める時に使う道具です。
基本は先が両方丸くなっていますが、片方だけ先が丸くなっているものもあります。

基礎パーツ

ビーズを組み合わせてアクセサリーを作るのですが、パーツとパーツをつなげるものになります。

丸カン

小さな丸いパーツです。よく見ると一箇所切れ目がついています。

サイズがいろいろありますが、3mm、4mm、5mmがあればいいかなと思います。
作る物によっては大きなサイズも必要になります。

私は4mmをよく使っていますね。

Tピン

穴の開いたビーズに通して使うものです。短いものとながいものがあります。
ビーズ一つに使うものは短い12mmのTピン、大きなビーズやいくつかまとめて通す場合は50mmや60mmのTピンというように使い分けています。

80mmもありますが私は今までに使ったことはありません。
必要に応じて揃えればいいのかな~と思いますね。

片方の先がローマ字の【T】のようになっているのでTピンと言うみたいですね^^

9ピン

先が数字の【9】のようになっているので9ピンといいます。
9ピンもTピンと同じように長さがいろいろありますので、作成するアクセサリーに合わせて使用します。

ピアスフック

U型になっているフックと、T字型になっているものがあります。

作るピアスの形によってどちらを使うのか決めます。

ピアスフックは直接耳に触れるものですので、金属アレルギーの方は、アレルギーを起こしにくい材質のものを使いましょう。

イヤリングパーツ

イヤリングパーツもピアスと同様、作成するアクセサリーによって使用するパーツが変わってきます。

またネジ式と超バネがあります。

ネジ式は耳たぶの厚みに合わせて調節ができますが超バネはパッチンと挟むので調節できません。

ビーズ

お好きなビーズを集めましょう。
形もいろいろありますので、見るだけでも心がウキウキします^^

ビーズ、タッセル

お好みのビーズをご用意ください。

季節やその年の流行りによって選ぶパーツが変わってきます。

ゴールドパーツ

ゴールドパーツは私が個人的に好きなパーツです。
娘用に作るピアスもゴールド系が多いですね。

ゴールドを入れるとゴージャスになって耳元が華やかになって可愛いです。

その他あれば便利なもの

ピアスパーツやイヤリングパーツをビーズに貼り付けるのに使います。
貼り付けるタイプのビーズでなければ必要ありません。

ライト

部屋の明かりだけでもいいのですが、手元にライトがあると作業がしやすいです。

私はハンドメイドを始めてしばらくはありませんでした^^

ハズキルーペ

40代を過ぎると細かいパーツが見えにくくなります^^;

丸カンがきっちり閉まっていないとパーツが外れてしまいますので、老眼と認めたくなかったのですが、ハズキルーペを購入しました。

サンプル品を購入したので、正規品のハズキルーペの半額でした。

まとめ

今回ご紹介したものは、ほんの一部です。
作りたいものに合わせて少しずつ増やしていきましょう。
パーツ探しをしているとあれもこれも欲しくなって、きりがありません^^

毎月少しずつ揃えていきましょう♪

材料を揃えるのに便利なサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA